光源を用意しよう

映画やドラマの撮影現場を見ると、カメラやマイクの他に、照明や、何やら銀色の板を持ち上げているスタッフの姿が目に入ります。この板はレフ版(反射板)と言って、照明が直接光を役者に当てるのに対し、反射した光を間接的に当てるためのものです。

FV011_L
何故、直接光と反射光の二種類を用いるのでしょう。それは、直接光だけでは陰影が濃くなりすぎるからです。役者の影になった部分が真っ暗では、演技の肝である表情が見えなくなってしまいます。そのため、影の部分に光を当てて目に見えるようにするため、弱い光である反射光を当てるのです。
商品撮影においても、この光源と反射光の概念と、両者を用意することは重大要素です。
光源に部屋の電灯を用いるだけでは、被写体の陰影を調節することができません。光の照り返しは、特に食品において食欲をそそるのに非常に大きな働きをします。どの角度からの光が一番魅力的になるかは、実際に光を当ててみないことにはわかりません。そのためには、簡単に向きや位置、高さを調節できる光源が必要です。
照り返しは良いけれど影の部分が濃くなりすぎた、ということを解消するためにも、反射板や、反射板の働きをするものを用意すると良いでしょう。これは、白い紙やアルミホイルでも充分に働いてくれます。ただ、被写体によっては反射光がむしろ逆効果になることもあるので、状況に応じて取り去ることも肝要です。
光源と反射板は、被写体を魅力的にするために考慮しておきたい要素ですが、取り扱いはやや難しいものです。特に光源は、光の色や強さといった性能面での個々の違いがありますし、何より強力な光により熱を帯びるので、火傷や、最悪の場合は発火に繋がります。魅力的な写真を撮影するためには重要な光源ですが、それだけによく注意して準備・運用してください。

 

商品撮影

Read More

瑕疵保証が有効となる部分とは

瑕疵保証の対象となる基本構造部分は、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分の2つになります。

具体的な部分でいうと、
構造耐力上主要な部分
柱、梁、耐力壁、基礎、地盤、土台等の構造躯体
雨水の浸入を防止する部分
外壁や屋根の仕上、下地、開口部等
の2つに分けられます。
瑕疵担保責任により、住宅取得者が請求できることとしては、注文住宅と建売住宅の場合で若干違います。
注文住宅の場合は、修補請求、賠償請求の2つを請求できますが、建売住宅の場合には、修補請求、賠償請求はもちろんのこと、契約の解除ができるようになっています。
ただし、建売の場合の契約の解除というのは、何らかの欠陥が発見された時に、10年間の間に補修が不可能となった場合のみとなります。
欠陥があったからといってすぐに契約解除できるわけではありません。
この辺は充分注意が必要です。
とはいえ、この法律自体が無視されているケースが多発しておりまして、平成21年には、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律が定められています。
それと同時に住宅性能表示制度というものができています。
住宅性能表示制度というのは義務ではなく任意なものなのであまり効果はないと思います。

GY022

 

ブランディング

Read More

デザイン会社の相場はない・・・?

デザイン会社の相場はない・・・?

 

HY023

  1. ホームページ制作の価格を知っていますか?
  2. 内容次第では価格に見合っています。
  3. 相場としては三十万円~四十万円です。

ホームページ制作をデザイン会社にお願いすると言っても大体いくらになるのかみなさん不安になるものです。
私達はある程度それ以前に相場と言うものを知っているべきなのではないでしょうか。
ホームページ制作の相場は大体50,000円と言った程度でしょうか。
いえ、ホームページ制作をデザイン会社にお願いした場合、相場は50,000円よりはもう少し上です。
ただし、実際に、ホームページ制作と言っても枚数によって違いますし、地域差のあるようで正確に相場をお伝えすることもなかなか難しいのです。
中には、デザイン会社の中では実際に100万円かかったというケースもあるようです。

HY083

しかし、そのデザイン会社がボッタクリと言うよりも、しっかりSEO対策の問題も含めて仕事をしてくれたらそれほど高額料金とも思わないです。

大体、相場はあってないようなものです。

そして、大体、ホームページ制作をデザイン会社にお願いした場合、二十万円から上限百万円と言った感じで、平均値取れば三十万円から、四十万円とて言った感じになると思います。

ここでやっぱり出来れば安くと私達はどうしても思ってしまう訳ですが、しっかりデザイン会社の仕事内容に注目して欲しいものです。

Read More

デザイン会社とチーム一丸になって理想のホームページを作る

ホームページ制作のデザイン会社は結構最近需要が高いようです。
これから、もっともっとホームページの重要性を実感する人たちがホームページ制作をデザイン会社に依頼することでしょう。
デザインと言うから非常に簡単にも聞こえてしまうのですが、ホームページのデザインって非常に大変なことだと思います。
実際に、それはホームページ制作のデザイン会社のノウハウだけでこと済む問題なのでしょうか・・・。
デザイン会社のノウハウであるレベルまでは到達することが出来るでしょう。
しかし、そこからは・・・。
デザイン会社オンリーではなかなか難しい面もあります。
それは、どうやって企業の特色を活かしていけばいいのかという問題なのです。
プロフェッショナルなデザイン会社だって、ちょっとの時間の打ち合わせだけで企業の色を正しく把握出来るはずありません。
この企業の色というものは当然ホームページ依頼者の方が知っていることなのです。
ホームページ制作のデザイン会社も努力をしている訳ですがそれでも不十分です。
しっかりホームページ依頼者との話し合い、打ち合わせというものは非常に大事な要素です。
ホームページ依頼者もチームのようなものです。
チーム一丸となって理想のホームページが完成します。

Read More

ホームページと無料ブログ作成の違い

パソコンに詳しくない方だと、ホームページと無料ブログは同じものだと考えるかもしれません。
しかし、両者には根本的な違いがあります。

ホームページというのは、一般的に企業の商品を宣伝するために使われます。
大手・有名メーカーですと、自社ブランドのイメージ構築のためにも使われます。
いずれの場合も商用が目的です。
これに対してブログの場合は、日記としての位置づけが強いのです。

もともとブログは、個人向けのWEB日記として誕生したものであり、今日の出来事、毎日の夕食など、その日にあったことを不特定多数に公開するものでした。
その後、ブログをホームページがわりに使用する方が増えてきたため、ブログ業者は利用規約を厳しくする対策を実施しました。
ブログ上で商品販売をすると、利用規約に違反して削除対象となるのです。
特にアフィリエイトに関しては厳しく、ブログ運営側が認可しているアフィリエイト業者以外は利用できないのが普通です。

無料ブログでも宣伝は可能ですが、リスクが非常に大きいことは覚えておくべきでしょう。
今まで問題なくても、あるとき急に削除されることもあります。
特に読者数が多いブログほど目を付けられやすいので注意が必要です。

Read More

会社のホームページ制作はランニングコストが低くなります

大企業はもちろんのこと中小企業や家族経営のような個人商店までもが、

ホームページを開設している事が当たり前のようになってきました。

思うに、このような零細企業であればあるほど、
ホームページの重要性が増すのではないかと思います。
大企業の場合、企業や商品の宣伝をする手段というのはいくつもあり、
ホームページはその一つの手段でしかないと思うのですが、
零細企業の場合には広告宣伝にかけることの出来る費用も限られています。

例えば新聞折込広告などはその都度費用がかかりますし、広告できる範囲も限定されます。
その点、ホームページは一度開設すれば、その後は低コストでの運用が可能となりますし、
ショッピングカート機能などを追加しておけばホームページから収益を上げることさえ出来るのです。

 

つまりはランニングコストにおいてホームページを作成しておくほうが安いことが多いです。

さて、そんな便利なホームページもただ作れば良いというものではありません。
ターゲットや商圏などを十分に検討したうえで作成する必要がありますし、
事前にライバル会社のホームページがどんな内容であるのかという事も見ておかなければなりません。
ホームページといえども、従来の広告と同じような事前準備が必要という事です。

ホームページ制作の需要

 

ホームページ制作はこちら

Read More

ホームページ作成ソフトの選び方とは

ホームページを自分で作成しようと思うのなら、まずはソフトウェアの選び方が重要になってきます。

ホームページ作成用のソフトウェアは数多く市販されていますので、探すのは難しくないはずです。
しかし、ソフトウェアによって購買対象とする人が違い、機能面でも差がありますので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
ホームページ作りになれていない初心者の人であれば、初心者向けをうたっているホームページ作成ソフトを選びましょう。
こういったソフトの場合、ページの作成だけでなく画像加工などの機能も付いており、初心者の人にとっては重宝するはずです。
ホームページ作成どころか、パソコンの扱いも不得手という人の場合には、いろいろな機能が付いているものよりもシンプルなソフトを選ぶようにするとよいでしょう。
もとから運営しているホームページを読み込ませて別のソフトで作りなおしたいというときには、実際にそれが可能かどうか体験版をダウンロードして確認するようにしましょう。
ソフトによっては編集できない可能性もあります。
自分でHTMLやCSSを編集できるのであれば、上級者向けのソフトウェアを使用しないと逆に使いづらいかもしれませんので注意が必要です。

ホームページ制作はこちら

Read More

ホームページでデザイン会社をあなどってはいけない

IMG_0142

たかがホームページ、されどホームページなのです。

ホームページなんてとりあえず作っておけばそれでいいだろう、という時代は終わりを告げました。
今は会社が利益を上げる最大の要因としてホームページのデザインが存在しています。
逆に、とりあえずで作ったホームページは会社へ不利益をもたらします。
これは実際に統計でも明らかになっている事実ですよ。
ですから、何の知識も持っていない素人が作ったホームページのデザインというのは企業にとってはよくありません。
そこはやっぱり、専門家に作成を依頼し、どうすれば利益を上げられるのかという知識を得ることも必要です。
デザイン会社ではそういった利益を追求する姿勢を応援する存在でもあるわけです。
いわゆるコンサルタント料というものが作成会社へ支払う料金の中には含まれています。
ですから、ホームページを作るだけでどうしてこんなに高いんだ、と思ったらそのことを思い出してください。
利益を上げるための知恵を授かるわけですから、費用がかかってしまうのは仕方がないことでしょう。
その知恵によって利益を上げればトータルの収益は確実に自社のためになるでしょう。
こういったことは下手にケチるとロクなことがありませんよ。

 

Read More

ホームページの作成にかなうサーバーの機能

レンタルサーバーは、種類だけでなく機能も様々です。

マネージド型という、レンタルサーバー業者が運用と管理をするものと、セルフマネージド型という、自分で管理ができるものがあります。
マネージ型は、様々な知識や経験がなくても管理と運営をしてくれますから、初心者には使い易いと言えますが、機能の点では制約があることが多いです。
一方、セルフマネージ型は、自分のしたいようにカスタマイズできる、自由度の高いサーバーですが、管理もしなければなりませんから、知識と技術が求められます。
「情報を公開したい」のであれば、ディスク容量、SSLのセキュリティー、データーベースなどがサポートされているか、転送機能やアクセス解析機能などもチェックします。
ネットショップを開きたいのであれば、ショッピングカード機能付きを選ぶことができます。
更にドメインに関しても、使える数が違いますので無制限にドメインを使いたいのか、限定で良いのかによっても、サーバー選びに関係してきます。
会社内や、仲間の中で情報を共有するシステムを構築したいのであれば、グループウエアー機能があるサーバーを使うことができます。
この様に目的別に機能を選び、レンタルサーバーの機能を活用しましょう。

Read More